お手入れの仕方



立花テキスタイル研究所では、自然の染料や顔料で色をつけています。
堅牢度の高い染料を厳選し、お洗濯に強くなるよう日々研究しておりますが、
それでも化学染料に比べるとどうしても色の変わりが早く訪れます。
日々のお手入れに少し気を使って頂くと、お気に入りのアイテムをより長くお楽しみ頂けます。


日々のお手入れ


普段のお手入れは、ブラシを使って落として下さい。小さな汚れは消しゴムをご使用になると便利です。保管は、風通しのよい乾燥した場所に置いてください。湿気が多いとカビが生えることがあります。
植物染めの製品は、レモン汁などの酸性のものやアルカリ性の洗剤で色が変色してしまう場合がありますので、ご注意下さい。長時間日の当たる場所に置くのはお避け下さい。

お洗濯


なかなか落ちない汚れは、中性洗剤でやさしく手洗いして下さい。
漂白剤は色落ちの原因に、アルカリ性洗剤は変色の原因となりますので、使用しないで下さい。
洗濯機を使わない方が型崩れしません。
金具部分はすぐに乾いたタオルで水気をよく拭き取って下さい。
濡れた状態で長時間置いておくと変色の原因になります。
できるだけ水分を切り、裏返し、シワを伸ばして、風通しの良いところに陰干しして下さい。

それでも色が変わってしまったら


それでもお気に入りの色が変わってしまったら、一部の商品を除いて染め直しも可能です(鉄粉プリントは不可)。
柿渋や藍で染め重ねることで、新しく生まれ変わった色をお楽しみ頂けます。
詳しくはこちらをご覧下さい。





Contents Copyright(C) 2016 Tachibana Textile Institute All Rights Reserved.

ページTOPへ